So-net無料ブログ作成
検索選択

【古典的なパパンの古典的な偏愛】仮プレイング [プレイング]

【心情】
掌中の珠とは言いますが。
古今東西、閉じ込めたものはいずれ解き放たれてしまうもので、
子供は親から巣立つものなのですよね。

【準備】
ビジネススーツに眼鏡をかけて、社会人風の装いで。
近所から通報があって役所から来た人間を装います。
他のメンバーとは偶然来訪が同じ時間になったということに。

【確保】
確保時は司郎さんの眼につかないよう、少し離れているか、
誰かに憑依しておきます。
確保に成功したら、念のため免許など身分証を探して
簡単な情報をノーマさんに伝達します。

【戦闘】
中衛に位置して、臨機応変な位置取りを行います。
敵が散開するほどのスペースはなさそうなので、
攻撃は暴走黒燐弾奥義でダメージを負った味方がいるようなら
黒燐奏甲で回復を行います。
自分は、防具HPを越えるダメージを負うようであれば
黒燐奏甲で回復

【説得】
司郎さん、優梨子さんあてに、
ストレス等も重なって過剰な行動に出てしまったようですが、
根底は優梨子さんを思う心からなのですから。
しっかり話し合ってお二人のお付き合いが心配がいらないことを
示してさしあげると良いと思いますよ。」

文雄さんあてに、
「『行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、
久しくとどまりたる例なし』、愛し子と言えど、
永遠に手元に留めることなどできないのですから、
良い巣立ちができるよう導いて差し上げるのがよろしいかと。」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。